忍者ブログ
30代で格闘技(ブラジリアン柔術)をはじめた おっさんのbjj成長日記です。 日々挫折の繰り返し。当然、bjj jiu jitsu白帯。
マルチフィットネストレーニングマシン/シックスパックコア 折りたたみ 〔腹筋マシン/エクササイズ機器/フィットネス機器〕
シットアップベンチ(腹筋トレーニング/フィットネス機器) 折りたたみ/コンパクト
ラバーダンベル 【20kg×1個セット】 計20キロ 〔筋トレグッズ〕
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
bjj初心者プロフィール
HN:
あむろ
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
ブラジリアン柔術
自己紹介:
33歳よりブラジリアン柔術を始めました。格闘技など何もした事のない、ただの初心者です。
昔から格闘技は好きで時々見ていましたが、「やってみたい」と無謀な願望が沸いてきました。
日頃から体力の衰えを痛感していることもあり、身体を動かして体力をつけるなら好きな事がいいかな~と思い、ブラジリアン柔術の道場に通い始めました。
このブログは自分の成長を綴った日記です。自分のモチベーションアップにつなげるつもりで書き続けていきます。
ブログ更新をTwitterで通知
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルをいつもと変えてしまいました。
カッコの中も意味深なものにしてしまいました。

カッコの中身の続きは
予想通りです「私にはブラジリアン柔術は向いていないかも・・・」です。
ものすごい後ろ向きな言葉ですよね。

なぜそう思ったかというと、本日練習に行きました。
私より年齢の高い方ばかり、いつもより多数いました。しかも見たことのない方もいました。

その中で、テクニックからスパーまでをしました。テクニックでは基本的なところを、ベテランの方と組んで行いました。その人は親切に教えてくれました。
なのでテクニックはまあまあ遅れも少なく着いていけていると思います。

しかし、上と下とで分かれて行うプチスパーみたいなものでは、私が下の時には相手に思い通りにパスされ、上の時には簡単にスイープされます。簡単にです。

私は決して大きいわけではなく、中ぐらいなので体重の思い方と柔術をすると不利なのはわかっていますが、一方的です。

そしてスパーリング。

いつもどおりに転ばされ、いつもどおり締め付けられ、いつもどおりタップしました。
代わる代わる色々な人としましたが、終始下側となり防戦一方です。
ハーフやマウントをとられた時にエビでクロスガードに戻すのを以前、先生にみっちりと教えてもらいましたが一切できませんでした。
それどころか、クロスからハーフにもいけませんでした。
また腕を極められかけているのに無理に耐えたために肩を痛め、タックルをされて顔面から落ちて目の横に傷を作り、スパー最後では右足ふくらはぎをつってしまい、大声で叫んでしまいました。トホホ・・・

他の方が成長しているといえ、ここまで歯が立たないのはつらいです。スパーリングをするのが辛くなってきました。
これでも続けていると強くなるのでしょうか。大きな人にも勝てるのでしょうか。なんて事を思っております。

今後もなんとか週1回でも続けていきたいと思いますが、柔術の道場に入るのが怖くなってきました。

健康のためといえば相当良いと思います。しかし強くなりたいと思う気持ちもあります。
まずは続けていくことが大事と思い、その事だけを考えてまいります。

初心者の方は同じように思う方もいると思います。
光が見えるようになるまで、お互いがんばってまいりましょう!
にほんブログ村 ブラジリアン柔術
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
練習お疲れ様でした!
怪我は大丈夫ですか?
だいぶ、ヒドイのでしょうか?
心が折れる怪我でないことを祈ってます。(u_u)

やはり格闘技は体格が大きい方が有利だと思います。
レベルが同じなら大きい方が勝つでしょう。
ですが、BJJの試合は年齢と体重と帯の色で分けられていると聞きました。なので、キャリアや体重や練習量が上の人に勝てなくても自分を責める必要はないと思います。そこで悔しいと思う気持ちを誇りに思ってください。
他の道場の練習はわかりませんが、私の道場のテクニック練習は「こうなったら、こうする。それがダメなら、こうする。」みたいなパターンをたくさん教えてくれます。そのパターンは幾つも存在し、当然覚えられません…。^_^;
ですが、何日も通って覚えて自分のものにするしかないと思います。
続けるために怪我をするわけにはいかないですし、怪我をしないためにも、もっと体力&筋力をつけないとダメだなぁと常々思います。(^^)

私も肘を痛めて依頼、恥ずかしいくらいタップのタイミングが早いです。^^;

長々と駄文を書き連ねてしまいましたが、お互い頑張りましょう。( ´ ▽ ` )ノ
石井 2013/04/14(Sun)13:08:33 編集
いつもありがとうございます。
いつもいつもコメントありがとうございました。

いただいたコメントの中で「悔しいと思う気持ちを誇りに思う」という言葉がものすごく印象に残りました。
この言葉でブラジリアン柔術の道場に行く勇気も出てきました。

私もタップはすぐにしてしまいます。
今後も無理をせずがんばって通っていきたいと思います。
ありがとうございました。
【2013/04/14 14:41】
無題
ブログ拝見しました。

「私にはブラジリアン柔術は向いていないかも・・・」と考えているようですが、それは違うと思います。あむろ様がブラジリアン柔術に向いていないのではなくて、まだ寝技に身体が馴染んでいないからだと思います。
日常生活ではブラジリアン柔術のような動きはしませんよね?通常やらない動きをする訳ですから最初のうちは体が動かないのは当然です。
今は苦しい時期かも知れませんが、ブラジリアン柔術の動きを自分の体に馴染ませているんだと考えて見て下さい。あと3ヶ月も続ければきっと動きも目にみえて変化が起きると思います。頑張って下さい。

柔術歴7年の同い年より

浅間 2013/04/14(Sun)19:12:20 編集
ケガ大丈夫ですか?
私も30にして最近柔術を始めました。まだ何もできませんが、私は 試合で勝つことではなく、道場で皆と体を動かすことが大事だと思っています。ケガすると次の練習が出来なくなるので、早めのタップで身を護っています。五体満足でお家に帰ったら勝利。次の練習に行ったら大勝利。

とはいえ、負けると悔しいですが、小さなことでも、「できなかった」が「できそうになる」→「できた」がモチベーションになるので手書きノートを作ってます。

がんばりましょう!
ゆうじ 2013/04/15(Mon)00:09:39 編集
ケガなおりました。
ゆうじさん はじめまして。

おかげさまでケガは回復しました。
私も我慢せずにタップをすぐしていきたいと思います。
身体が大事ですからね。
毎日ひとつひとつ課題をもってがんばっていきます。
私の手書きノートはこのブログです。

温かく見守ってください。

お互いがんばりましょう!
【2013/04/16 23:03】

Template by 楽楽楽生活(ららららいふ) 自宅でアルバイトしよう!/ Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]